Tourism Geographer(大阪観光大学・小堀貴亮研究室)


小堀貴亮 Takaaki KOBORI Ph.D     大阪観光大学観光学部観光学科勤務      専門分野:観光地理学、地域観光論、      温泉地域論、環境デザイン学、書道

by kobori-tourism
 

小堀ゼミ2回生による富田林寺内町地域観光調査

観光学演習Ⅱ(小堀ゼミ)における地域調査実習の一環として、7月17日(日)に行われた富田林市・寺内町におけるフィールドワークの様子をご紹介したい。今回のフィールドワークでは、富田林寺内町を題材として、観光まちづくりのポイントや課題について調査し、考察することを目標とした。
富田林市寺内町は、室町時代末期に、興正寺別院を中心として、信者や商工業者で形成された自治集落で、現在も当時の面影を残す多くの町屋が集中して残存しており、1997年には大阪府で唯一、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
当日は猛暑の中、富田林寺内町をひらすら歩き、白地図を片手に見て聞いて感じたことを記録していくという作業を行った。特に留学生たちは、日本の伝統的建築様式に感銘を受けていた模様。夢中になって写真を撮っていた。日本人学生も、大阪にこんな場所があったとは・・・と驚いていたようである。
d0166543_16513148.jpg

d0166543_16525637.jpg

d0166543_16533789.jpg

d0166543_165528100.jpg

d0166543_16555636.jpg

d0166543_16561439.jpg

d0166543_175551.jpg

ランチタイムは「まち×むらSTATION 里庭」という、地産地消にこだわったカフェにて野菜たっぷりの美味しいピザやスープをいただいた。若いマスターやスタッフが運営しており、歴史的町並みの中のオアシス的な空間が形成されていた。
d0166543_1657102.jpg

d0166543_16574538.jpg

d0166543_1658454.jpg

ランチの後は「じないまち交流館」へ移動し、地域調査の結果を白地図に記入する作業やレポートの作成を行い、総括して何とか無事終えることができた。
d0166543_1659219.jpg

d0166543_1701566.jpg

d0166543_16594237.jpg

d0166543_1732329.jpg

猛暑の中のフィールドワークとなったが、素晴らしい歴史的景観を楽しみつつも、まちづくりの面白さや課題がいろいろ見えてきた。特に、景観の問題(電柱や電線など)や、観光客と地域住民とのかかわり方など、様々な課題がありそうだ。これからの授業の中で、今後の展望についてみんなで考えていきたい。
なお、今回のフィールドワークでは、富田林における文化財保護の中心的存在である中辻亘氏に多大なるご協力とご指導を頂き、数多くのことを学び得た。何より、中辻さんのホスピタリティ溢れる人間性と観光客を和ませ魅了するトークから、地域観光にとって最も大切なことを学んだような気がする。ここに、深く感謝申し上げる次第である。
[PR]
# by kobori-tourism | 2011-07-20 17:05 | 教育
 

大阪観光学講座―大阪の歴史観光考―講演

本日、大阪駅前第2ビルにて、大学コンソーシアム大阪主催の「大阪観光学」の講演を行った。題目は、実は昨年と同じ「大阪の歴史観光考」だ。内容は少しばかり進化させたが、受講者の顔ぶれは全く違い、今年は特に質問が多かった。大阪府内の大学生や社会人の方々であるが、非常に熱心に学んでいただき、今回の1コマだけで終わるのが非常に寂しい。俺もさらに進化していかねば、と思った。
d0166543_2115377.jpg

[PR]
# by kobori-tourism | 2011-06-18 21:15 | 教育
 

東京日本橋・地球儀専門店&銀座・慶花堂―2つの聖地訪問―

先日の東京出張の際、久々に聖地・地球儀専門店(東京・日本橋)を訪れた。
震災があったので、貴重な地球儀たちのことを心配していたが(もちろん、お店と店員さんのことも!)、どうやらほとんど無事だった模様。
日本唯一の地球儀専門店なだけに、こっちとしては代わりがないので、とりあえず一安心した。
少し行かないうちに、また新たな地球儀が入っており、ちょっと様子見のつもりがついつい入り浸ってしまった。マジ癒される。
その中でも、グリーンに輝く地球儀を発見。一応、俺のテーマカラーは「グリーン&ブルー」ということになっているので、もうなんか運命的なものを感じ、衝動的に購入。さっそく我が研究室のセンターに君臨しています。
形はみな一緒だが、地球をいろんな風に表現できる地球儀って、なんかロマンがあるし、究極の超おしゃれアイテムだと思う。
いろんな地球を眺めながら、様々な世界の人々や景観に思いを馳せたい。
d0166543_4304587.jpg

d0166543_4313763.jpg

あと、日本橋から銀座まで歩き、また超久々に、書道用具屋さんの「慶花堂」さんに行ってきて、大阪観光大学書道部発足のご報告に行ってきた。筆に「大阪観光大学書道部」と名を入れていただいた。一応書道家でもある俺にとって、ここも大切な聖地です。
「旅」と「書」。この一見よくわからん二足のわらじでこれからもいきますんで、2つの聖地のみなさん、今後ともよろしく。
d0166543_4344167.jpg

d0166543_994741.jpg

[PR]
# by kobori-tourism | 2011-06-16 04:40 | その他
 

久々に地元に帰ったら・・・

6月某日、東京出張の際、久々に帰省した。最寄駅の東松山駅を降り立ったとき、ふと目にしたものは・・・
d0166543_3571314.jpg

「なんじゃこりゃぁぁぁ~」
子供の頃からから30年以上もお世話になってきた「しまむら」が、ボッコボコに!
しばらく埼玉にいないうちに、何てことだ。なんか、実家を失ったみたいにショックです。
というのも、何を隠そう、このしまむらは、今でこそ全国どこにでもあるしまむらの第1号店なのだ。
しまむらは、我が故郷・埼玉生まれ、埼玉育ちの企業であり、幼少の頃は確かウチの周辺にしかない超ローカル店だったと思う。当時は、1階に軽食屋や遊ぶところもあって、子供の頃のたまり場だった。昔、良く亡き母に連れてってもらったものだ。あぁ、亡き父にも。
そんなこんなで、非常に思い出深い「しまむら東松山店」。跡地に何ができるかわからんが、また街の姿が一つ変わっていくのが何とも切ない。
だからこそ、いろんな形で、常にその時の景色や空気を残していくことも必要なのだろう。写真でも、絵でも、地図でもいい。まぁ、そのまま残されれば一番いいんだろうけど。木曽路の妻籠などのように。
あぁ、それにしても、次帰った時には、もう跡形もなく消えているのであろう。非常に寂しいが、まぁ、開き直って、次もっとオモロイものができていることを期待しよう。
[PR]
# by kobori-tourism | 2011-06-16 04:00 | その他
 

銀座のルーマニア家庭料理の店“ダリエ”

5か月ぶりの更新・・・明けましておめでとう以来だ。ヤバい。
ここまでくると、もはやブログではなく、よっぽどのことがあった時の重大報告の場となりつつある。
そんな俺に久々に更新させようとするほど、伝えたいお店に遭遇してしまった。
6月某日、昔の職場の同僚と久々に会い、銀座にて食事をすることになったが、前々から気になっていたお店に思い切って突入。
その名も「ダリエ」(DARIE)。ルーマニアの家庭料理店だ。おそらく日本で唯一だろう。
d0166543_3332991.jpg

d0166543_3345975.jpg

入口はけっこうシンプルなので、いかがなものかと伺いつつ、中に入ってみると、そこは別世界。
なんか、どこでもドアかなんかで、東欧のフツーよりちょっと金持ちの民家の食卓に間違ってお邪魔してしまったかのような雰囲気に満ち溢れていた。
d0166543_3342425.jpg

とりあえずディナーのコースを注文。久々だったので話も弾む。ほぼ昔の愚痴がメインであったような気がするが、あの時があって今があることを互いに実感。苦労はやがて糧になる。
何より、次々と運ばれる料理の美味しいこと!前菜、スープ、魚、肉などどれをとってもぬかりなく旨くて、ひたすらじゃべりながらきれ~に食いつくした。ルーマニアの独特の風味と雰囲気を感じながら、ちょっと贅沢で有意義な時を過ごした。
そして、最後に登場したデザートに感動!“パパナッシュ”という名で、簡単に言えばおっきなふわふわドーナツ(フレンチクルーラーっぽい食感)にクリームがたっぷりかかっているような超スイーツである。おそらくここでしか味わえない、独特のものだと思うが、またこれを食いに来たい!と思わせる魔力があり、次なるランチミーティングの開催を誓う。
d0166543_3362363.jpg

グルメレポートみたいなのは苦手なので、ほぼ伝えきれてないと思うが、とにかく名店であることは間違いないと思うので、ぜひ1度訪れてみてほしい。
そして、何よりも店員さんの雰囲気とホスピタリティが素晴らしかったことを付け加えておこう。やっぱ、「また、食いたい」だけではなく、「また、会いたい」も、重要なポイントであり、そういう意味でもここは絶賛すべき名店である。

ダリエ
中央区銀座7-8-5 植松ビル
TEL 03-3573-3630
営業時間
[月~土] 11:30~22:30
[日  祝] 12:00~22:00
定休日 日曜
[PR]
# by kobori-tourism | 2011-06-16 02:20 |
 

研究室大掃除

我がゼミの留学生の間で、旧正月の祝賀ムードになっていることを契機に、大晦日に出来なかった研究室の大掃除を今更ながら実行いたしました。基本、6割捨てることを目標に、とにかく不要なものを捨てまくり、だいぶスッキリしたかも。円滑な仕事の基本姿勢は、とにかく無駄を省くこと!というある本の教えにより、ここ最近、意識的に毎日いろんなモノを捨ててます。特に、PC内のフォルダやデータは、ほっとくとアッという間に増殖し、収拾がつかなくなってしまうので、要注意。因みに、ハンガーにかかってる黒いTシャツは、我が故郷名物「あついぞ!熊谷!Tシャツ」です。
d0166543_3163242.jpg

d0166543_3175047.jpg

[PR]
# by kobori-tourism | 2011-02-04 03:18 | その他
 

大阪都市探訪

今度、大阪市内某所にて、「大阪の歴史観光」みたいなテーマで講演することになったので、その下準備も兼ねて久々に大阪市内を歩きまくった。とりあえず、古代の難波宮~大阪本願寺~大阪城~天下の台所~大大阪みたいな流れのイメージで、一人フィールドワークを行った。自称「東京人(ホントは埼玉)」のおいらにとって、やっぱ大阪はどこを歩いても新鮮で刺激的だ。
d0166543_1521751.jpg
難波宮。ここが、かつて日本の都として栄華を極めていたことを想うと、感慨深い。出来れば、ここでのんびりしていたいが・・・
d0166543_1523792.jpg
いにしえの都の空気を感じつつ・・・歩き始めねば。
d0166543_1534174.jpg
大阪歴史博物館にて資料・情報収集。ここ、ホント面白い!
d0166543_1541757.jpg
古代・難波宮の再現。ミステリアスな雰囲気がたまらん・・
d0166543_1543890.jpg
大大阪の再現。この時は東京を凌ぐ、日本一の都市だったという(しかも世界第6位!)。
d0166543_155851.jpg
大阪府庁の観光課にて資料収集。橋下さん、いたんかな。
d0166543_1555692.jpg
天満橋駅~中之島公園横断。まさに水都・大阪!水辺景観が素晴らしい!
d0166543_1565631.jpg
中之島図書館で文献収集&一休み・・・のつもりが、あまりに豊富な資料の数に出られなくなってしまい・・・
d0166543_1573796.jpg
やっとこさ出たら・・・そこは夜だった。中央公会堂のライトアップが美しい!

今日一日で、だいぶ大阪について知ることができた感があるが、一方で知れば知る程、ますます謎が深まるナニワの歴史と空間・・・。大阪人として、今後ますます追及していきたい。まずは・・・講演の準備しないと。
[PR]
# by kobori-tourism | 2011-02-04 02:28 | 教育
 

「子どもたちへのメッセージ」in熊取図書館

d0166543_129034.jpg
昨日、借りてた本を返しに熊取図書館に行ったら、1月23日(日)に熊取交流センターにて行われた『熊取町子ども読書推進シンポジウム』の講演者(『ぐりとぐら』の作者、中川李枝子さん)およびパネラー(立教大学教授:北本俊二さん、イラストレーター:はまのゆかさん、俺)による「子どもたちへのメッセージ」が飾られていた。

↓順に、中川李枝子さん、はまのゆかさん、北本俊二先生、小堀
d0166543_1101867.jpgd0166543_1104814.jpg
d0166543_12202497.jpg
d0166543_12205058.jpg
d0166543_114137.jpg

中川さん『ぐりとぐら』とはまのさん『13歳のハローワーク』という二つの名作にサインを頂いちゃいました!
[PR]
# by kobori-tourism | 2011-02-04 01:34 | その他


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧